「バーミヤン・三大ラーメン祭り」有名店を凌ぐ至高の一杯を食べてきた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社すかいらーく(本社:東京都武蔵野市、代表取締役社長兼 CEO:谷 真)が展開する中華レストラン「バーミヤン」では、9 月 8 日(木)より、こだわり抜いた至高の 3 杯「とんこつ」・「鶏白湯」・「味噌」の「三大ラーメン祭り」を開始します。
今回、新フェアのスタートに先駆け、バーミヤンの新作ラーメンお披露目の「三大ラーメン祭り」先行試食会に参加させていただきましたので、ご紹介いたします!

【バーミヤン・三大ラーメン祭りについて】
バーミヤンはチャーハン、ラーメン、麻婆豆腐など日本人にとって、馴染み深く、どこか安心する中華料理を美味しく、 リーズナブルにご提供する中華レストランです。
今秋展開する「三大ラーメン祭り」は、お客様のご要望が最も高く、中華料理の基本ともいえる「ラーメン」の美味しさを シンプルに追求。博多風とんこつラーメン、野菜たっぷり水炊き鶏白湯ラーメン、炙り叉焼と黒マー油の 味噌ラーメンの三品が用意されています。中でも、「博多風とんこつラーメン」は、本場の博多ラーメンの有名店を 食べ歩き、地元を凌ぐとんこつラーメンを追究するために、試作に試作を重ねた自信作とのこと。

IMG_0462

ラーメンの基本となる「スープ」は、豚の旨みを引き出すために、本場博多風に豚の頭をメインに長時間煮込み、濃厚な味わいを実現。
「麺」は、コシや喉越しも含めて研究した 自家製麺であるとともに、今までバーミヤンでは使用していなかった、とんこつラーメンを最も美味しく食べられる細さの細麺(26 番麺)を採用。
低下水で伸びやすい麺ですが半年の研究を重ね、伸びにくい麺を実現!
コシの強い食感と、濃厚なとんこつスープが、ほどよく絡んで楽しめます。
「具材」は、豚肉本来のうまみと、とろとろ感が味わえる自社製造のこだわり厚切りチャーシューも自慢。

今回のラーメンをメニュー開発シェフに伺ったところ、「なかなかラーメン専門店に足を運ぶことのできないお客様にも、お近くのバーミヤンでお気軽に、 本格派のラーメンをお楽しみいただく機会になればと思います。」と「宅麺.com」と共感できる部分が数多くありました。

IMG_0454

IMG_0456

「博多風とんこつラーメン」

%e5%8d%9a%e5%a4%9a%e9%a2%a8%e3%81%a8%e3%82%93%e3%81%93%e3%81%a4%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3

 

とんこつのうまみと濃厚さをとことん追求した香り豊かなスープに、特製の細麺がマッチした正統派のとんこつラーメンです。

 

「野菜たっぷり水炊き鶏白湯ラーメン」

野菜たっぷり水炊き鶏白湯ラーメン

キレイに黄色がかったスープは、鶏臭さやしつこさがなくマイルドな仕上がりのいわゆる水炊き風な鶏白湯。
野菜たっぷりでゆずの香りがアクセントの後引くおいしさです。 

「炙り叉焼と黒マー油味噌ラーメン」

炙り叉焼と黒マー油の味噌ラーメン

最大の“味の決め手”は、ニンニクの風味が凝縮した黒マー油。独特の香ばしさがスープのうまみと甘みを引き立てます。とろける炙り叉焼も乗り、ご飯が食べたくなる味噌ラーメンです。

今回先行試食会に参加させていただいて、なにより、私が感じたことは商品開発シェフの本気度です。
「もっとチェーン店の味だけでなく、専門店の味を食べたい!」けれど、「小さいお子様などがいると、なかなかそのようなお店には行きにくい。」そのようなお客様の声にしっかり耳を傾け、「それならばバーミヤンで専門店の味を出す!」と今回の商品開発は行われました。
そして、シェフが自ら、いくつものラーメン店を食べ歩きながら、研究に研究を重ねる心意気に感動しました。
バーミヤンは今年で創業30周年なのですが、このような姿勢が創業から今も、そしてこれからも愛されるお店になっていくのだと感じました。

【三大ラーメン祭り 概要】

■対象期間 2016 年 9 月 8 日(木)~2016 年 11 月 23 日(水)予定

・博多風とんこつラーメン       699 円(税抜)

・野菜たっぷり水炊き鶏白湯ラーメン   799 円(税抜)

・炙叉焼と黒マー油の味噌ラーメン  699 円(税抜)

■販売店舗
バーミヤン全店 (一部店舗を除く)

※店舗により販売有無・価格が異なる場合がございます。ホームページよりご確認ください。
URL: http://www.skylark.co.jp/bamiyan/

 

SNSでもご購読できます。