【はんつ遠藤のラーメン教室】第23回:ラーメン用語の基礎知識~完食~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0803kanshoku

ラーメンを麺、スープ、具まで全部食べほすことを「完食」という。完全に食べる→完全食する→完全食→完食となった。

0803kanshoku

完食の定義

時々、テレビ番組のリポーターが間違えているが、麺と具のみを食べ、スープが残っている状態は、完食とは言わないので注意が必要。ちなみに2軒はしごをして2軒とも、もしくは1軒で2杯を完食することを「ダブ完」(ダブル完食の略語)といい、3軒(もしくは3杯)を完食することを「トリ完」(トリプル完食の略語)という。

完食の利点とは?

完食には、いくつかの利点が存在する。まずは、1食事として、満足感を得られる点。例えば東京ラーメンの場合、麺が160g、スープが400g、具が40gの計600g(店舗により多少異なる)。これを完食することにより、満腹度がとても増大する。

次に店舗との親近感が得られる点。多くのラーメン店にとって、麺は購入しているが、スープは自ら手間と時間をかけて作成している。原価も相当かかっているために思い入れがある。そのスープまで全て飲みほすことは、店主にとってもとても嬉しい出来事。それは「麺は残してもいいけれど、スープは全部飲んで欲しい」と語る店主がいるほど。これにより親近感が増大する。

そんな「完食」を推奨するために、店舗も様々な工夫を行っている。例えば、スープを飲みやすくするために、レンゲを大きくする。または、器の下部に、完食した者のみが読める“隠し文字”を描くなど。中には「おみくじ」スタイルを取り、器の下部に「小吉」「中吉」「大吉」と描かれていて、「大吉」の客には特典を提供する店舗まで存在する。

ラーメン好きは絶対にチェック!ラーメンのプロが教える、歴史、ご当地ラーメン、うんちく、ツウな食べ方などのラーメン知識を一挙に紹介。これを読めばあなたもラーメンマスター

pic_hanz_01-1フードジャーナリスト・はんつ遠藤

日本のラーメンだけにとどまらず、世界中のグルメに精通する。テレビ番組でのリポーターや、カップラーメン監修、雑誌でのグルメコーナー連載、更にはフー ドテーマパークのプロデュースや監修を行うなど、その活躍は幅広い。世界中のグルメを知り尽くす舌ならではの視点で、数多くの著書を執筆し、バラエティに 富んだ企画やイベントを実施している

ラーメン・つけ麺通販サイト 宅麺.com

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ通販でお楽しみください!
全国から約100 種類の醤油、味噌、塩、豚骨ラーメンや二郎系ラーメン、つけ麺もご用意しています。

新規登録キャンペーンも実施中!

sign_up_banner_small_banner_for_top

宅麺.comはこちらから

SNSでもご購読できます。